• 2018-02-11
    • 大坂城石垣石丁場跡東六甲石丁場跡が国指定史跡になります。

2018-02-11

大坂城石垣石丁場跡東六甲石丁場跡が国指定史跡になります。

このたび、西宮市に2例目の国指定史跡がうまれることになりました。
(1例目は大正11年指定の西宮砲台)

【大坂城石垣石丁場跡東六甲石丁場跡】が正式名称で、かみ砕いて言うと、
徳川による大坂城再建にともなう石垣の石材を採石・加工した石丁場跡が、
甲山町(甲山森林公園の南端・関学奥上ヶ原浄水場の西)の森の中に見つかった、
ということです。
面積は約6万5千平方メートル!

・徳川氏による大坂城再築にかかる最大規模の石丁場
・石丁場の保存情況が極めて良好
・採掘途中の石材、採掘坑、石材一時集積場など、石丁場における一連の作業過程がすべて確認できる
・佐賀鍋島藩単独による石丁場の可能性が高く、藩による作業の様相の推定もできる
このあたりが国指定史跡として高く評価された理由です。

【徳川大坂城の石垣について】
安土桃山~江戸初期に史上最高レベルに達する築城・石垣技術の究極は、
豊臣大坂城を完全に埋め立てて造られた徳川大坂城でした。
大坂夏ノ陣1615で豊臣滅亡したあと、豊臣に優る徳川の威光を轟かせるために、
豊臣大坂城を完全に埋め立ててその二倍の大きさの城を造る、
しかも大規模な公共事業に西国大名を駆り出すことで彼らに金と労力を使わせる。
その事業こそが徳川秀忠による大阪城再築という事業でした。
一説にその石材の総数は百万個。
西国大名にとってはたいへんな事業ですが、
最高の城を造る事業への参加はたいへん誇らしいものだったとの推測もされます。
徳川大坂城、江戸城、名古屋城こそが、城郭建築の最高峰だったのです。
それまでの自然石の乱石積ではなく、石の規格を揃え、巨大にすることで、
垂直に近く高い石垣が造られるようになりました。
そして、その石材として喜ばれたのが美しく堅い花崗岩で、
東六甲は質の高い花崗岩の産地として、瀬戸内島嶼部と並んで有名でした。
六甲の花崗岩の品質は、のちに御影石ブランドとして全国に流通しました。

【西宮の遺跡について】
東六甲の石丁場の中でも最大のものが今回国史跡に指定された場所で、
東六甲石丁場(今回のもの以外にも芦屋や東灘区まで広がっています)を代表して指定史跡になりました。
この石丁場には
・露天掘り初期の状態
・露天掘りをおこない、石に矢穴列を開けてまさに割取ろうとしている状態
・端石(石垣に使えない切れ端)が残る状態
・石材を引きずり出して集めた出荷直前の状態
が無数に存在しているほか、
・幅20m以上/深さ10mの人工的な谷を掘削してその周囲を露天掘りし、谷に落として引きずり出す作業場の集合体が複数見つかっていること
・それぞれの作業場が極めて良好に遺っていること
がこの遺跡のすばらしさです。

【西宮市文化財課の調査】
今回の指定は、史跡じたいの値打ちだけではなく、西宮市文化財課の調査の質も高く評価されています。
西宮市の調査までの採石場の調査と言えば、刻印がある石を探しては既存の白地図に目分量で書き込んでいく、という程度でした。
今回の西宮市の調査では、市内測量会社の提案により、
1)航空レーザー3D測量
2)測量士による現地測量(実は土日にほとんど手弁当/ボランティアで…)
3)考古学専門学芸員による現地の悉皆調査
の三段階で調査されました。
はじめの1)で、露天掘りのクレーターや巨大な人口の谷までもがリアルに判別できたことから、
県教委文化財課と文化庁記念物課に成果を共有し、日本考古学協会で全国初の快挙として発表されました。
これを以て、「西宮レベル」は、今後石丁場の調査のスタンダードとなっています。
この石丁場についての西宮市文化財課の調査は、現在全国トップにあると自負しています。
タイトル
↑※航空レーザー3D測量の図。写真左側真ん中よりやや上、や、そのさらに上に、石を運び出すための人工の谷が見えます。この谷に房になるように露天掘りのあとがたくさんあります。

さて、先日、この発見を契機に、先行して国指定史跡となっていた小豆島町が中心となって大阪歴史博物館でシンポジウムが開かれ、
西宮市文化財課からも、このプロジェクトを担当してくれた学芸員の森下先生が参加してくれました。
タイトル
大正時代の西宮砲台の史跡指定から95年ぶり、市制施行後初の国指定史跡です。
西宮は歴史上重要なものがないと勘違いされがちですが、このことをきっかけに、
西宮の地元歴史を見直すきっかけにしてほしいと思っています。
ということで、

■2/25市政ニュース一面で詳しく紹介します。
2/26-3/9市役所一階南側で写真パネル展を開催します
3/11日・現地甲山で巨石ツアーおこないます
└1030-1200@甲山森林公園/無料/定員先着40名
└当日1015からパネル紹介ブースで受け付けます
3/25日・国史跡指定記念セミナー「大坂城石垣石丁場跡東六甲石丁場跡とは何か」
└0930-1145@プレラホール/無料/定員先着250名
└参加者のうち希望者には午後から現地ツアーあり
※最新の情報/行事詳細は文化財課(33-2074)まで
ぜひお楽しみに。

タイトル
↑鍋島藩のサインです。正方形の中に菱形、その横に長方形。わかりますでしょうか。
タイトル
↑しっかりと矢穴が掘られていますが、割られることなく放置されています。カタチや大きさや質に問題があったんだと思われます。
タイトル
↑現地でも最大級の石です。
タイトル
↑ここが人工の谷です。たくさんの石があります。

また、昨年一月にblogでも紹介しました、高畑町遺跡の成果を中心としたシンポジウムもひらきます。(石丁場モノではないです)
http://xdl.jp/diary/?date=20170104#p01
シンポジウム「新発見・西宮の地下に眠る古代遺跡-浮かびあがる武庫郡の中心」
3/17土@大手前大学さくら夙川キャンパスA44/無料/申込不要
※最新の情報/行事詳細は大手前大学史学研究所(32-5007)まで
こちらもぜひ。

西宮は文教住宅都市ですから、文化施策は極めて重要な政策分野です。
これまでこの分野への予算も削られ続けてきましたし、政策の中で重要視されていませんでした。
文教住宅都市だからこそ、一人でも多くの市民のみなさんに、
西宮の歴史や文化について関心を持ってもらいたいと思っています。
西宮の古地図や古文書や古写真を見られる「デジタルアーカイブ」もぜひご覧ください。

【にしのみやデジタルアーカイブ】
https://archives.nishi.or.jp/