• 2017-05-30
    • 今年の職員採用(30採用)のお知らせ。【お申し込みは6/5月まで】です。
  • 2017-05-26
    • 西宮市は教育大綱を書き上げました。
  • 2017-05-25
    • B1昇格を決めたB2王者・西宮ストークスが市役所に来てくれました。
  • 2017-05-18
    • 子育て×まちづくり/パパ・ママ座談会
  • 2017-05-10
    • こんどは厚労省に要望にいきました。
  • 2017-05-01
    • 【西宮市大谷記念美術館】勝部如春斎展は5/7まで!
    • 総務省が「塩瀬山口を兵庫7区から外す」というので、急遽霞ヶ関に行きました。

2017-05-10

こんどは厚労省に要望にいきました。

きのうは中核市市長会で東京にいったので、
厚生労働省の橋本岳副大臣への要望の機会をいただきました。
タイトル

要望の内容は「保育士宿舎借り上げ支援事業※実施要綱の見直し」です。

※の事業は、かんたんに言えば、保育士の家賃の賃料を補助します、という制度で、
保育士不足解消のための事業です。

"保育士不足"の原因は明確にその待遇にありますが、
突き詰めると、単なる待遇というより、
「経験を重ねても給料が上がらない」ことにあります。
単なる不足というより「長く務められない」ことにあります。
その傾向は西宮市でさらに高く、
保育士の離職率について全国平均12%に対して西宮市は24%、
平均勤続年数について全国平均7.6年に対して西宮市は6.0年です。

これまでの"借り上げ事業"には「採用された日から起算して5年以内」という要件がありました。
それでは"勤続年数が短い"という課題の解決にはなりません。
むしろ「5年経って家賃の補助も切れるし辞めどき?」みたいな傾向になったら逆効果ですらあります。
ということで、西宮市はこの事業を採りませんでした。
H28年3月定例会では
「補助期間5年では定着率向上に繋がらないため見送る」と答弁しています。

しかし、H28年12月、国の「H29年度保育対策関係予算の概要」で
補助期間が10年まで拡充されることが示されました。
ほんとうにありがたいし、的確な施策だと思います。
それを受けて、西宮としてH29年度事業に盛り込むことを決定し、
「国制度が見直され期間が5年から10年になったことから、
 保育士定着率の向上に資すると判断し、本市もあらたに導入」
と施政方針に書き、予算にも事業を盛り込みました。

が!

新年度4月17日付けの厚労相雇用均等・児童家庭局長通知において、
「前年度1月時点の"有効求人倍率"が全国平均を超えていない都道府県の補助期間は5年」
との但し書きがつけられました。

なんと、この但し書きのせいで、西宮市は「補助期間は5年」となってしまいます。
施政方針に書いて事業化したのに…

・12月の概要に沿って事業化した・年度入ってハシゴを外されたら困る
・求人倍率は毎年変わる・補助期間が変更になる可能性のある制度など不安定
・西宮市は(郡部の多い)兵庫県でも特殊な地域・県の数値で西宮が左右されるのは困る

ということで、急遽厚労省にアポを取りました。
せっかく4/17に厚労大臣/副大臣/政務官や局長と懇談する機会をいただいたのですから、
そのご縁を活かさないわけにはいけません。
http://xdl.jp/diary/?date=20170418#p01
ということで、その場でご縁をいただいた橋本岳副大臣にお時間をいただきました。

橋本副大臣に事情を説明したところ、
・年度変わってからの但し書き追加はほんとうに申し訳ない
・本年度の通知をさっそく覆しにくいが先で検討したい
・厚労省としては"10年"で事業をしたいので声を上げていってほしい
というお話しをいただきました。

市としては
・期間が5年か10年かがほんとうに問題になるのは5年先
・さしあたって施政方針どおり西宮市で事業は開始する
・引き続き厚労省に提案を続けていく
ということにします。

厚労省はやりたいけれど、財務省の首を縦に振ってもらう必要がある、という話です。
何はともあれ、直接政治家どうしでざっくばらんに話をしていただいたのはありがたかったです。
国会の慌ただしい中で機会を設けていただいた橋本副大臣には、ほんとうに感謝です。

ちなみに、この日は民進党が法務委員長の解任決議を出すとかで国会の日程は大幅に変更になっていました。
なにやら本会議を晩にやるとかで、役所も国会議員も禁足を命じられて、みんな残業。
莫大な税金が、なにひとつ日本をよくしないことに無駄に使われました。
ちなみに、中核市市長会としての厚労省関連の要望を提出する担当となっていまして、
橋本副大臣との面談とは別に機会をいただいていたのですが、
そちらは大臣・副大臣・政務官との面談はキャンセルになりました。
(そんななかでも橋本副大臣は時間を変更してまで機会を設けてくれました!
 また、面会いただいた局長はゆっくり時間をとっていただきました)
このテの政局モノは、政府の政策推進のじゃまになるのでほんとうにやめてほしいです。
野党は存在感を発揮したいのかもしれませんが、
こんなことをすればするほど(コアな支持者以外の)ふつうの国民の支持を失っていくことに気付いてほしいです。

きのうの日程。

1230 中核市市長会
1530 橋本岳厚生労働副大臣面会
1730 中核市市長会要望

きょうの日程。

0830 副市長MTG
0850 環境局からのレク
0900 育成センター関連レク
1030 教育政策懇話会
1200 ランチミーティング
1300 平和推進活動レク
1330 大学生交流会打ち合わせ
1400 内部統制関連レク
1430 総合計画打ち合わせ
1500 議会関連レク
1530 来客