• 2017-05-26
    • 西宮市は教育大綱を書き上げました。
  • 2017-05-25
    • B1昇格を決めたB2王者・西宮ストークスが市役所に来てくれました。
  • 2017-05-18
    • 子育て×まちづくり/パパ・ママ座談会
  • 2017-05-10
    • こんどは厚労省に要望にいきました。
  • 2017-05-01
    • 【西宮市大谷記念美術館】勝部如春斎展は5/7まで!
    • 総務省が「塩瀬山口を兵庫7区から外す」というので、急遽霞ヶ関に行きました。

2017-05-26

西宮市は教育大綱を書き上げました。

法律の改正によって市は「教育大綱」を制定しなくてはいけなくなりました。
多くの自治体では、既存の教育関連の方針をそのまま教育大綱とみなすようですが、
西宮市は教育の先進自治体として、これを機にオリジナルで教育大綱を書くことにしました。
そこで、たくさんの先生、育成者たち、第一線で活躍する人たちなどにインタビューをし、
広聴会でも意見をたくさんいただいて、
「子供たちにこうあってほしい」「そのためにオトナとしてこうあるべき」という
メッセージをまとめました。
タイトル

文言や表現は一字一句こだわって書きましたが
なにもこれを壁に貼っておけというつもりではありませんし、暗唱しろというつもりではありません。
「西宮市は子供たちにこうあってほしいと思うからこういう施策をする」
「西宮市は子供たちにこう接するべきだと思うからこういう施策をする」
そういった市の政策の礎にするべく作りました。

ここから教育大綱をベースに施策を推進していくわけですが、とにかくできたので、
みやたんと作者のたかいよしかずさんにもご協力いただいて簡単なパンフレットを作りました。
さらに、これを配っただけだったら「ただのみやたんのチラシ」としてゴミになりかねないので、
関係するみなさんにこの説明をさせてもらいました。

まずは校園長研修(市内の校長先生・園長先生の研修)で。
先週は青少年愛護協議会の総会、きょうはこども会協議会PTA協議会の総会で、
来賓として挨拶をさせていただく代わりに、少しお時間をいただいて
・教育大綱とはなにか
・教育大綱を作るにあたってみなさんにインタビューにご協力いただいたお礼
・いちばんだいじにしたいのは「逞しい育ち」
このあたりのお話しをさせていただきました。

インタビューで多く出た課題は
【過保護と過干渉】
少子化で親が子供に過剰な期待をするケースが増えている
晩婚化で子供を猫かわいがりする親が増えている
何かと日本の育成は親が子供のことに口を出しすぎ
→よって「挑戦する勇気」や「自分で考える力」や「失敗から立ち上がる逞しさ」が削がれる。
【多様な人と関係する経験の不足】
同じような性格の同じ年齢の限られた友達とのつきあいや、親子のつきあいばかりで、
いろんな人と接する機会が減っている
→よって、多様な価値観を受け容れられず「他への思いやり」が欠ける
などでした。
それに【健康的な生活】【ふるさとへの誇り】を期待するメッセージを加え、
さらにさいごにオトナへのメッセージとして
【子供たちに対して、愛情と敬意と寛容さを持ちましょう】
つまり、愛情だけではなく敬意を、だからこその寛容さをバランスして持ってほしいと締めました。

これから西宮市は、この教育大綱に則って政策を推進していきます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓【西宮市教育大綱】↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 子供たちは、未来の主役です。彼らは、現代の社会が実現できなかった夢をこれから実現し、新しい価値を創造する存在として、敬意と寛容さをもって育まれるべきです。
 大人は、子供に対して深い愛情をもって接するべきです。但し、ただ弱い未完成な存在ととらえて、守り慈しむだけではいけません。子供の育ちへの大人の過干渉や過保護は、子供の自立した人間性の育成を阻んでしまいます。大人がすべきことは、子供たちが、たくましさ、優しさ、豊かな感性を身に付けることのできる環境を整えることです。
 西宮市は、子供に期待することと、その実現のために大人に期待することをここに示し、広く市民と共有するとともに、これを今後の子供を中心とした西宮市の教育・子供施策の礎とします。

【1:挑戦する勇気】

子供たちへ:自分に自信を持ち、新しいことや自分の目標に挑戦する勇気を持ちましょう。
大人たちへ:子供の興味や意欲に気付き、それを深めたり挑戦したりすることを応援し、見守りましょう。

 子供は、現実離れした夢を抱いたり、大人が思いもよらないものに関心を持ったりすることがあります。
 しかし、それは、子供の個性を育み、自信と勇気を持って未来を拓く原動力にもなります。
 子供と会話する機会を積極的に持ち、子供の夢や関心に目を向けましょう。また、子供の興味・関心を尊重し、それを深めたり挑戦したりすることを応援しましょう。

【2:自分で考える力】

子供たちへ:ものごとを鵜呑みにせず、自分で判断し、自分の言葉で自分の考えを表現しましょう。
大人たちへ:自分の期待や特定の考え方を押しつけず、子供の話にじっくり耳を傾けましょう。

 大人は子供が失敗しないようにと、手を差し出したくなるものです。しかし、子供が自分で判断する前に答えを与えたり、子供の判断を誤りと決めつけたりしていると、自分で考え、自分の考えを伝える力が育ちません。知識や考え方は、自分で試行錯誤することで確かなものになります。
 大人の期待や考えを押しつけるのではなく、子供の意志を尊重し、自分で考えずに簡単に答えを求めてきたときには、自分で考えるように促しましょう。

【3:立ち上がるたくましさ】

子供たちへ:失敗しても、落ち着いて、そこからどうすればいいか考えましょう。
大人たちへ:挑戦による失敗を責めず、そこでなされる子供の判断を尊重し、共に考える姿勢を持ちましょう。

 子供の失敗には、どうしても不安や苛立ちを感じてしまいがちです。しかし、先回りして子供から挑戦する機会を奪ってしまうと、失敗への耐性が身につかなかったり、後悔させたりもします。また、失敗を責めると、子供は失敗を恐れて挑戦しなくなることもあります。
 失敗して、次の挑戦につなげるにせよ、あきらめるにせよ、子供たちは前に進んでいきます。大人は動じずに、彼らが失敗を受け止めるのを待ちましょう。

【4:他への思いやり】

子供たちへ:自分とは違った価値観も尊重し、他に対して思いやりを持ちましょう。
大人たちへ:子供が多くの人や体験と出会う機会をつくり、他の価値観も存在することを伝えましょう。

 限られた人間関係や考え方の中だけで生活することは、自分の可能性を狭めてしまいます。
 価値観の違う人と関わり合うには、主張するだけでなく、相手の立場に立ったり折り合いをつけたりすることも必要です。
 子供の要求を安易に受け容れるのではなく、思いどおりにならない場合があることを伝えましょう。このように、多様な人たちとふれあう体験を通じて、様々な価値観が存在することを気付かせ、他者への共感や思いやりを育みましょう。

【5:健康的な生活】

子供たちへ:規則正しい健康的な生活を心がけ、社会のルールを守りましょう。
大人たちへ:子供の健康的な成長に気を配った家庭環境をつくり、子供の模範となる態度を心がけましょう。

 挨拶、早寝早起き、バランスのとれた食事、良い姿勢は、子供の健全な成長には欠かせないものです。子供が規則正しい健康的な生活を送れるよう心がけましょう。
 また、情報の氾濫や価値観の多様化により、何が正しいのか判断しにくい世の中になってきています。身近な大人が子供たちの模範として、地域や家庭生活の中で社会のルールを伝えられるように心がけましょう。

【6:ふるさとへの誇り】

子供たちへ:西宮や日本の自然や伝統文化に親しみ、ふるさとへの誇りを持ちましょう。
大人たちへ:地域や日本の四季や伝統文化を感じられる機会をつくりましょう。

 人の価値観は、育った環境によって醸成されます。自分のふるさとに誇りを持つことは、異なる価値観を理解し、他者のふるさとに敬意を持つことにもつながります。
 今住んでいる西宮や日本の自然環境、伝統文化、地域行事などに親しむ機会を積極的につくり、子供と共に「ふるさと」を大切にしていきましょう。
 西宮が子供たちにとって、住み続けたい、いつか戻ってきたい、離れても想い続ける、そんな場所であることを願っています。

【7:愛情と敬意と寛容】

大人たちへ:子供たちに対して、愛情と敬意と寛容さを持ちましょう。

 子供には、愛情をもって接することが大切です。愛情をもって育まれた子供は、他者や自分の子供に愛情を注ぐ人になるでしょう。
 しかし、行き過ぎた愛情が過保護や過干渉につながると、健やかな成長を妨げてしまいます。子供は一人の自立した存在なのだという敬意をもって接することも大切です。
 また子供は失敗や過ちから学ぶことでたくましく育っていきます。子供の失敗や過ちを否定することなく、寛容さをもって接しましょう。

https://www.nishinomiya-school.jp/kyouikutaikou/

タイトル

きょうの日程。

0830 特別職会議
0900 インクルーシブ教育打ち合わせ
0930 こども会協議会総会
1000 PTA協議会総会
1100 県市連絡会議打ち合わせ
1130 開発関連レク
1300 保育所関連レク
1400 甲子園交通安全協会総会
1530 西宮浜小中一貫教育打ち合わせ
1630 西宮浜産業団地協議会総会
1750 大学交流センター講義


2017-05-25

B1昇格を決めたB2王者・西宮ストークスが市役所に来てくれました。

B2中地区で開幕した西宮ストークスは、中地区優勝→プレーオフ優勝で、
B2リーグの初代チャンピオンになり、来シーズンはB1リーグに昇格して闘うことが決まりました。
チームははじめから「B2優勝して必ず1シーズンでB1に上がる!」と公言していましたので、
有言実行ということになります。

きょうはBリーグ開幕最初のシーズンを闘い終えたストークスの全選手が、市役所に来てくれました。
タイトル
216cmのジョーダン選手は特別応接の椅子に座ったら、膝が机の天板より上にはみ出ていましたし、
市役所の天井から吊ってある課の名前の札にアタマをぶつけそうになっていました。
まあ、西宮市役所も、過去これ以上背の高いお客さまをお迎えしたことはないでしょう。

さて、優勝も昇格もうれしいですが、
みんなが子供のころから親しんだ市立体育館で、トップアスリートたちが最高のプレーを見せてくれたこと、
そこにたくさんの子供たちや若者たちを集めて、そのみんなに夢や感動を与えてくれたこと。
そのことにこそ私は心からの感謝を申しあげたいです。

ほんとうに1シーズン、ありがとうございました。
9月末から始まるB1での最初のシーズンにも期待しています。
キャプテンの竹野選手
「B1に上がったら厳しい闘いになると言う人も多いけれど、
 このチームなら闘いきれる自信がある」と言ってくれました。
今年体育館にまだおいでいただいていない方、ぜひB1でおこなわれる来シーズンはお運びください。
タイトル

5/19の日程。

0900 老人クラブ連合会
0930 戦没者合同慰霊祭
1030 こども未来センター関連レク
1100 県関連
1130 海上災害防止センター来訪
1300 さくらFMレク
1330 環境局関連レク
1750 大学交流センター講義

5/20の日程。

1000 子育て広聴会@西宮北口

5/21の日程。

1000 総合計画広聴会@甲東
1300 フラワーフェスティバル
1800 西宮ロータリー80周年

5/22の日程。

0830 副市長MTG
1000 子育て広聴会@越木岩
1200 ランチミーティング
1300 環境衛生協議会総会
1400 甲子園防犯協会総会

5/23の日程。

0830 副市長MTG
0900 労働関連レク
1930 財政レク
1100 百間樋戸開式
1330 鳴尾連合自治会総会

5/24の日程。

0830 副市長MTG
0900 大谷記念美術館打ち合わせ
1000 原水協総会
1045 大学生広聴会レク
1100 国際交流関連
1300 老人クラブ連合会総会
1330 コミュニティ協会総会
1530 武庫川女子大打ち合わせ
1630 教育委員会進捗報告
1900 大工大校友会講演

5/25の日程。

0830 副市長MTG
0910 西宮ストークス表敬
1030 宮水学園開講式
1130 さくらFM収録
1330 宮水学園開講式
1400 西宮防犯協会総会
1430 市政ニュース確認
1500 こども未来センター打ち合わせ
1530 都市ブランド事業打ち合わせ
1630 環境局関連レク
1700 固定資産税わがまち特例レク
1830 大学生広聴会@大学交流センター


2017-05-18

子育て×まちづくり/パパ・ママ座談会

さて、GWが明ければ恒例の"広聴会"です。
昨秋は"総合計画広聴会"と題して、各地域の地域課題をきかせてもらうために回りました。
この春夏は、その続編である"総合計画広聴会"に加えて、"子育て世代広聴会"もおこないます。
17水・18木・20土・22月は「子育て×まちづくり/パパ・ママ座談会」と題して、子育て世代広聴会です。

こういう若い世代はどうしても行政とのパイプが細いので、
行政も、ニーズが汲み取りにくいのが現状です。
保育所不足云々の"課題"についてはとうぜん対応も進めていますが、
"期待"や"関心"などはなかなか拾いきれていないという自覚を持っています。

なので、今回の広聴会では、子育て世代に安心して集まっていただいて、
すき放題思っていることを話してもらう、という趣旨でワークショップ形式の座談会を企画しました。
もちろん彼女たちの"期待"のすべてに応えきれるわけではないですが、
彼女たちがどんな期待をもっているのかを知ることもできますし、
その期待を行政に対して"吐き出す"機会を用意することは意味のあることだと思っています。
タイトル
タイトル
タイトル

特徴的だったのは
・男親の育児休暇には期待しない(休暇を取っても戦力にならない)
・男親にいちばんお願いしたいのは"子供と外で遊んで"(じゃまなので)
・男親は"新人アルバイト"と思え(言わなきゃわからない・言ってもわからない)
・男親が子供"で"遊んだくらいでイクメン気取りはやめてほしい
ぬう…ひどい。。
たまたまこのセッションには「パパママ」といいつつ「パパ」がいなかったため「ママ」が絶好調だったのかもですが。
タイトル

あとは、
・自分の居場所がほしい
・男親がどうせ育休をとるならいちばん動き回る2歳くらいにこそとってほしい
などの意見もありました。

などなど。
ほんとうに、政府や自称識者が言っているのとはずいぶん違っています。
こういったナマの声を聴きながら政策推進するのは基礎自治体だからこそ。
こういう意見をベースに政策を進めて行くべきだとつくづく思いました。
おこしいだたいたみなさんも「同じような悩みを話せた」と連絡先を交換したりで帰られました。
タイトル

まだ、20土10時@西北と22月10時@越木岩がありますので、ぜひおこしください。

【残り日程】
5/20土1000-1130プレラにしのみや4階/ウェーブ411学習室
5/22月1000-1130越木岩公民館/講堂
【対象者】小学校3年生までのお子さんがいる世帯
【定員】各会場30人※空席がある場合は、当日受付も行います
【申込】■電話:子供支援総務課(0798-35-3146:0900-1730受付)
    ■ネット予約:https://www.shinsei.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/dform.do?id=1491278885163

また、週末からは総合計画広聴会もおこなわれます。
【日程】
5/21日1000-1130[甲東]甲東センター/集会室
5/27土1000-1130[本庁南東]今津公民館/講堂
5/27土1330-1500[本庁北西]越木岩公民館/講堂
5/28日1000-1130[鳴尾]鳴尾中央センター/集会室
5/28日1330-1500[山口]山口公民館/2・3集会室
6/10土1000-1130[本庁北東]大社公民館/講堂
6/10土1330-1500[本庁南西]中央図書館/講座室
6/11日1000-1130[瓦木]瓦木公民館/講堂
6/11日1330-1500[塩瀬]塩瀬公民館/講堂
【対象者】市内在住の方ならどなたでも
※地域ごとの将来像についてお聴きするため、対象地域の会場へご来場ください。
【定員】各会場50人※空席がある場合は、当日受付も行います。
【申込】■ハガキまたはFAX
住所/氏名/年齢/電話番号/参加会場を記入して「〒662-8567西宮市六湛寺町10-3西宮市役所政策推進課」まで
fax:0798-23-3084
こちらもぜひご参加ください。

5/11の日程。

0830 副市長MTG
0900 国際関係
0945 ロンドリーナ市関連
1100 保護司会総会
1300 六甲山系豪雨災害50年関連
1400 原水協常任委員会
1530 トラブル対応
1900 ストークス・プレーオフ

5/12の日程。

0900 関学講義
1130 広聴会打ち合わせ
1300 広報関連打ち合わせ
1400 取材
1500 議会関連懇談
1615 北部医療課題レク
1750 大学交流センター講義

5/13の日程。

1000 市友会総会
1300 ユネスコ総会
1415 県関連

5/15の日程。

0830 副市長MTG
0845 庁議
1000 内部統制MTG
1030 市政ニュース打ち合わせ
1100 国際関係
1200 ランチミーティング
1315 地域施設活用打ち合わせ
1345 広聴会打ち合わせ
1430 シティプロモーション打ち合わせ
1600 津波避難行動指針レク

きのうの日程。

1000 子育て広聴会@塩瀬公民館
1330 青愛協総会で教育大綱レク
1400 原水協レク
1430 学校体験プログラム打ち合わせ
1900 子育て広聴会@ウェーブ

きょうの日程。

1000 子育て広聴会@鳴尾公民館
1330 スポーツ関連レク
1400 定例記者会見
1500 スポーツセンタ打ち合わせ
1630 土木レク
1700 広聴会打ち合わせ