• 2014-11-26
    • 「勤労青少年福祉」と言われて、いま意味がわかる人はあんまりいないと思う。
    • 室﨑益輝先生と対談させていただきました。
  • 2014-11-23
    • 千秋楽。
  • 2014-11-22
    • 回を重ねるごとに、どんどん反応はよくなっていきます。
  • 2014-11-21
    • あとは時間さえ作ってくれれば、いくらでも西宮をよくできます。
  • 2014-11-19
    • きのうは国交省に出張・きょうは「アスレチック・リエゾン西宮」キックオフイベントでした。
  • 2014-11-17
    • 車は、運転席がいちばん楽なのです。
  • 2014-11-16
    • 「衣装をつけろ、おしろいを塗れ。客は金を払って笑いに来るんだ。」
  • 2014-11-15
    • 「選挙」という言葉を聞くと、えもいわれぬ不安な気持ちになる。
  • 2014-11-14
    • 西宮市から兵庫県・周辺他市への課題提案は「医療問題」を選びました。
  • 2014-11-11
    • 中央病院の立て直しのために
    • 政策推進のためならどこへでも出向きます。
  • 2014-11-09
    • 10kmの部に出ました。
    • ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟 奈良県勉強会
  • 2014-11-08
    • 「ぴっぽのたび」日本語訳発売
  • 2014-11-06
    • みやたんの保護者面談をしました。
    • 西宮の中学生は、甲子園球場で体育大会ができるのです。
  • 2014-11-05
    • きょうは総合防災訓練をやりました。
  • 2014-11-04
    • 「西宮の酒に、西宮の酒好きたちは敬意を持っていない」と酒造業者の社長たちにぶつけてみました。
  • 2014-11-02
    • きょうは3箇所で市政報告・広聴会を開きました。

2014-11-26

「勤労青少年福祉」と言われて、いま意味がわかる人はあんまりいないと思う。

きのうの日程。

0700 整理
0830 副市長MTG
0900 子供支援局打ち合わせ
1000 政策局打ち合わせ
1100 市民局打ち合わせ
1130 都市局打ち合わせ
1300 甲子園地区埋立事業対策協議会
1430 総務局打ち合わせ
1530 健康福祉局打ち合わせ
1630 防災打ち合わせ
1700 子供支援局打ち合わせ
1730 教委打ち合わせ
1800 広報打ち合わせ
1830 日本酒部部活

きょうの日程。

0700 整理
0800 総務局打ち合わせ
0830 副市長MTG
0900 勤労青少年ホーム現地視察+ブレスト
1100 政策局打ち合わせ
1200 総務局打ち合わせ
1300 対談(防災関係:室﨑益輝 神大名誉教授)
1500 アメリカ総領事来訪
1530 土木関連打ち合わせ
1600 議会所管事務報告(西宮都市管理株式会社)
1700 政策局打ち合わせ
1430 来客
1745 土木局レク
1800 神戸新聞取材
1900 整理

きょうの午前中は、市役所のすぐ近所、勤労青少年ホームを見に行きました。
これのありかたを考え直さないといけないと思っていましたので。

そもそも「勤労青少年」ってのは「中学を出て田舎から都会に出てきた勤労青少年」的な意味です。
このテの福祉にまつわるハコモノが流行ったときに、この建物も建てられました。
一時期「女性センター」が流行って全国で建てられまくったのと同じような経緯です。
「その政策にちゃんと取り組んでいます」と言いたいがためにハコモノを建てる、みたいなものです。
(ちなみにこの建物、時代を感じさせるとても良い昭和デザインです↓)
タイトル

しかし、「勤労青少年福祉」という政策課題はすでに時代の変化によってありかたが問われています。
そして、「あり方が問われている」はずなのに、ずっとそのままにされてきていました。
なので。
「現代的政策課題としての勤労青少年福祉」ということを考え直し、
それに基づいてこのハコを何に活用していくのかについても考え直そうと思っています。

ハード面ではなく、ソフト面でのリノベ、です。

ちなみにきょうの視察は、このところアイデアをいつももらっている椿昇先生に同行してもらいました。
「ほんとうにいつもいつもボランティアでありがとうございます」と申し上げたら、
「市民としての義務を果たしにきただけだよ」と笑ってくれました。
ほんとうにありがとうございました。

室﨑益輝先生と対談させていただきました。

タイトル

きょうの午後は、神戸大学名誉教授の室﨑益輝先生と対談をさせてもらいました。
何に使われるのかはお楽しみに。
大先生なんですが、専門分野についておききしたら、ものすごく楽しそうにエンドレスに話してくれました。
「対談」という企画でしたが、私は完全に「聞き役」でした。
もう、そっちのほうがぜんぜん楽しかったです。私のはなしなんてどうでもいいです。
それにしても理系の先生の話は、ほんとうにわかりやすくて楽しかったです。


2014-11-23

千秋楽。

きょうの日程。

1330 市政報告・広聴会@塩瀬公民館
タイトル
1630 市政報告・広聴会@山口公民館

きょうは10/26から始まった市政報告・広聴会の全市ツアーの千秋楽でした。
塩瀬と山口、どちらもたくさんおいでいただきました。
夏の台風では被害のでた地域ですので、災害時の対応についての貴重な意見もいただきました。

21箇所廻って、平均30人以上のお客さまにおいでいただきました。
選挙前からいつも見守ってくれていた人。
選挙のときにはきっと警戒していただろう地域の団体の代表の人。
来年市役所に入庁が決まっている人(面接をした記憶があるので憶えていました)。
市の職員も何人かきてくれましたし、市議会議員も5人きてくれました。
今回の反省を活かして、次回以降はもっとたくさんのかたにおこしいただけるようにしないといけないなと思いました。
何はともあれ最後までトラブルなく進行できました。
いただいた貴重なご意見はこれからそれぞれで吟味させてもらいます。

さてこのツアーは日程が晩か土日でしたから、サポートしてくれた職員はひと月に亘って休日出勤が続いたことになります。
市長は方針を決めたり伝えたり責任をとったりするだけで、ありとあらゆる事業は現場の職員によって成り立っています。
このツアーもそう。
いつも終わりがけにたくさんの拍手をいただくのですが、きょうの山口は最後の公演でしたので、
サポートしてくれた職員たちもステージに紹介して、お客さまから拍手をいただきました。
タイトル

半年前に始まった西宮市政の建て直しは、まだ始まったばかりです。
ちょっとずつ変わりはじめていることを、700人弱のお客さまには感じていただけたと思っています。
これからも職員一同精励しますので、いっそうのご理解とご協力をよろしくお願いします。


2014-11-22

回を重ねるごとに、どんどん反応はよくなっていきます。

きょうの日程。

0900 原稿制作
1330 市政報告・広聴会@春風公民館
タイトル
1630 市政報告・広聴会@平木市民館
タイトル

きょうは南部市街地での市政報告・広聴会はラストでした。
2箇所とも、これまでのなかでも特にたくさんのかたにお越しいただきました。
回を重ねるごとに反応はどんどんよくなっていって、
いつしか終わりのきわには盛大な拍手をいただくようになりました。
そして、お客さまからのご意見の時間で「こういう取り組みを続けてほしい」と
どの会場でも言っていただけるようになりました。

きょうの2箇所目にはテレビが来ていました。
うちの職員が手を焼いていたので、
・市の事業なのでうちのスタッフの指示には100%したがってもらう
・ほかのお客さまのじゃまになればすぐ出ていってもらう
このあたりのことを私から直接言い渡さないといけませんでした。
彼らは自分たちの仕事に正義があると思い込んでいるので、
迷惑な機材をどこに置こうが、誰に取材しようがかまわないと思っているので面倒でした。
職員たちのなかには「どうしてマスコミはあんなに失礼で横柄なのだろう」などと
言うものもありましたが、失礼で横柄なのがマスコミなのです。
だから組織として彼らからディフェンスする技術や心構えを強化するように言っておきました。
テレビはどのように編集してどういうふうに報道されるかはわかったものではありませんが、
こちらもきちんとビデオを撮ってありますので、偏った報道をされたとしても
「これが実態です・報道されたようなことはありません」と説明できる状態にしてあります。
これをしておかないと、ほんとうにおそろしいです。
でも、彼らがいましたが、最後の挨拶が拍手でかき消えるほどの反応だったのは嬉しかったです。

さて、あしたは千秋楽です。
西宮北部のみなさま、1330塩瀬、1600山口にぜひおこしください。